吹奏楽・グルメなど…知りたい!が知れてちょっと幸せになれるサイト*

【プラグインで一発】ワードプレスを旧エディターに戻す方法【Classic Editor】

 

こんにちは。
先日、WordPress 5.0がリリースされましたね!

女の子

何か便利な機能が追加されたかな?

なんて思っていたのですが、記事を投稿しようと思い画面を見て驚きました…。

ぶたさん

何じゃこの投稿画面は~!!!

使いづらすぎる…。というかシンプルすぎる(笑)
ショートコード機能ボタンも、Addquickタグのタブもない(笑)

なんとか前の投稿画面に戻せないか調べていたところ

とあるプラグインをインストールすれば簡単に戻せることが判明しました。

そのプラグインと設定方法をお伝えします!!

旧エディターに戻すプラグインはズバリ「Classic Editor」

旧エディターに戻してくれる優秀なプラグインは「Classic Editor」というものです。

どうやらすでに100万件以上インストールされているようです。

早速インストール方法をお伝えします!

プラグイン「Classic Editor」インストール方法

①ダッシュボードの左メニュー『プラグイン』→『新規追加』

②右側の検索窓【Classic Editor】と入力。

 

③『今すぐインストール』→『有効化』します。

④インストール後に投稿画面にいってみると、これだけで旧エディターに戻っています。

旧エディターと新エディターの切り替え方法

なお、このプラグインは旧エディターと新エディターを切り替えることもできます。

切り替えの手順

①ダッシュボードの左メニュー『設定』→『投稿設定』

②すべてのユーザーのデフォルトエディターを『クラシックエディター』にすれば【旧投稿画面に】
『ブロックエディター』にすれば【新投稿画面に】切り替わります

そもそも新エディターにする必要はあるのか?

女の子

こんなに使いにくいし、旧エディターも使えるなら無理に新エディタにしなくてもいいんじゃない?

そう思いますよね。

私はそう思っていました…。

しかし、ワードプレス公式サイトによると

新エディターに慣れておく必要がありそうです。
どういうことかと言うと、

WordPress 5.0が公開され、これからインストールを行った場合には
デフォルトが新エディターになるそうです。

新エディターに難なく移行するためにも、
1.ブロックエディターの使用方法の習得
2.ブロックエディターと利用プラグイン・テーマの間に互換性の問題がないことの確認をしておくように。

とまで書かれていました。

今はプラグインで旧エディターを使用することもできますが
確かにいつサポートが終了するかわかりません。

新エディターしか使えなくなってから急に慣れようとしても難しく

記事がしばらく書けない!

なんてなる前に少しずつ新エディターを使用していったほうがよさそうですね。

まとめ

WordPress 5.0のリリースにより突然姿を変えた「投稿画面」。

あまりの変わりように最初はびっくりするかもしれませんが、少しずつ慣れていったほうがよさそうですね。

切り替えがプラグインで簡単にできるうちに、積極的に使っといたほうがいい

と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です