「知りたい」をわかりやすく解説!読んでちょっと幸せになれる雑記ブログ*

【音源公開】2023年吹奏楽コンクール課題曲決定 解説&予想!音源は?

2023年度吹奏楽コンクール課題曲決定!

2023年度吹奏楽コンクールの課題曲が決定し、発表されました!!

楽譜が購入できるのは、2023年の1月頃からですが、どんな曲か気になりますよね。

楽譜がみなさんの手元に届くまで、少しでも分かっている情報をシェアしたいとおもい更新しました。

順番に、作曲者や曲名などを解説していきたいと思います。

2023年度吹奏楽コンクール課題曲一覧

1.行進曲「煌めきの朝」     / 牧野圭吾 (第32回朝日作曲賞)
2.マーチ「ペガサスの夢」   /水口透
3.ポロネーズとアリア 〜吹奏楽のために〜   /宮下秀樹
4.レトロ   /天野正道

このようなラインナップです!

(ちなみに2023年から、課題曲5は廃止されており、全部で4曲となります。)

詳細は出ていませんが、作曲者などについて書いていきます。

1.行進曲「煌めきの朝」

こちらは、第32回朝日作曲賞を受賞された曲です。

ちなみに朝日作曲賞の賞金は100万円です!

牧野さんについて掘り下げてみましょう。

牧野圭吾さん プロフィール

作曲者は牧野圭吾さんという方。

なんと牧野さんは現在、北海道札幌月寒高校に通う高校3年生で17歳だそうです!!

10代での課題曲採用、そして朝日作曲賞受賞はすごいですね。

将来が楽しみですね。

行進曲「煌めきの朝」どんな曲?

課題曲1番は「行進曲」ということでマーチですね。

「煌めきの朝」というタイトル、本当に素敵ですね~。

想像でしかないですが、上品で美しいマーチのような大人なマーチなような気がします。

音源公開が楽しみですね。

2.マーチ「ペガサスの夢」

2番の課題曲はマーチです。

水口透さん プロフィール

水口さんは武蔵野音楽大学をご卒業された、トランペット奏者だそうです。

演奏活動をおこなう傍ら、編曲なども手掛けておられるそうで

吹奏楽コンクール課題曲に選ばれたのは初めてとなります。

マーチ「ペガサスの夢」 どんな曲?

「ペガサスの夢」ということでタイトルからなんとなくロマンチックな雰囲気ですが、

どのようなマーチになるのか全く想像がつきませんね。

爽やか、青空系マーチとは全く違った雰囲気であることを期待したいと思います。

マーチなので元々トランペットはおいしい箇所がたくさんあるとは思いますが、

さらにトランペットを知り尽くした方による作曲なので、トランペットの使い方が良いのではないかなと予想しています。

3.ポロネーズとアリア 〜吹奏楽のために〜

宮下秀樹さんといえば記憶に新しいと思いますが、2020年(2021年)の課題曲になりました「エール・マーチ」の作曲者ですね。

  宮下秀樹さん プロフィール

宮下秀樹さんは作曲者、指揮者としてご活躍されています。

新潟大学教育学部特別教科(音楽)教員養成課程作曲専攻を卒業され、東京学芸大学大学院作曲専攻修了とのことです。

課題曲に選ばれたのは2回目となりますね。

ポロネーズとアリア 〜吹奏楽のために〜どんな曲?

「ポロネーズ」といえばショパンを思い浮かべますが、なんとなく民族的な雰囲気がする曲が多いです。

一番わかりやすい定義としては「ゆったりとした4分の3拍子」かなと思います。

「アリア」とは、よくオペラで聴きますがオペラの中でソロで歌う場面のことをいいます。

有名どころではプッチーニのトゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」もアリアです。

 

ポロネーズとアリアということで、最初はゆったりとした4分の3拍子~のちにゆったり歌う流れの曲なのかなと思います。

色んな技術、歌心が求められるのではないでしょうか。

個人的には一番楽しみな曲です。

4.レトロ (委嘱作品)

課題曲4番は委嘱作品となります。

「委託作品」とは

委託作品とは、吹奏楽連盟がある作曲家に
「吹奏楽コンクール用に、課題曲を作ってください」と、お願いしてできた作品です。
毎年、この委嘱作品は精度の高い曲ばかりです。

天野正道さん プロフィール

天野正道さんは、吹奏楽をやっている方でしたら誰もが知っている、有名な作曲家ですね。

シネマ・シメリックや「GR」よりシンフォニックセレクションなど、全国大会でもよく演奏されている曲を作曲されています。

レトロ どんな曲?

「レトロ」とは「懐古的。懐古趣味。郷愁に誘われる気持ち。」という意味がありますが、

どこか懐かしいような曲なのかな?と、このタイトルから想像しています。

委嘱作品ということですので、天野正道さんが「演奏者に知ってほしい、勉強してほしい」と思われていることなんかも

詰まった1曲になるのではないでしょうか。

音源が公開!(1/11追記)

こちらのYoutubeで、各曲の冒頭が聴けるようになりました。

ぜひ聴いてみてください。

まとめ

以上、まだスコアの公開もされていない中で色々と想像し、まとめてみましたが

いかがだったでしょうか。

楽譜は2023年1月末頃発送予定となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)