「知りたい」をわかりやすく解説!読んでちょっと幸せになれる雑記ブログ*

【ついに全国大会中止…】吹奏楽コンクール2020・地区や県大会はどうなる?

こんにちは。みんとです。

以前、いち早く吹奏楽コンクール中止を発表した県についての記事をアップしました。

その当時、全国大会の開催可否については未定のままでしたが

ついに、全日本吹奏楽連盟より「全国大会の中止」の発表がありました😭

吹奏楽連盟が発表した全日本吹奏楽コンクール中止

さて、新型コロナウイルス感染は、依然として収束予測の立たない状況です。
このような現状を鑑み、本連盟では秋季事業の開催についてさまざまな観点から検討、協
議を重ねて参りました。その結果、参加団体の皆様、ご来場のお客様、関係する全ての皆様
の生命と安全が最優先との結論に達し、全日本吹奏楽コンクール、全日本小学生バンドフェ
スティバル、全日本マーチングコンテストの中止を決定いたしました。

吹奏楽連盟HP

 

全日本吹奏楽連盟ホームページによると、秋の吹奏楽コンクールだけではなく

・全日本小学生バンドフェティバル
・スティバル、全日本マーチングコンテスト

の2大会も中止にしたということです。

今回の中止は、誰のせいでもなく、コロナのせいであり、誰も責められないとはいえ

この夏の大会にかけてきた学生さんや一般団体の方たちには大変辛すぎる結果となりました。

”コンクールがすべてではない”という声もあちこちで聞きましたが、

やはり吹奏楽部にコンクールはなくてはならない、ある意味ゴール地点としている人が大半だったのではないでしょうか…。

吹奏楽コンクール2020、中止の県は?ついに大阪も…

早々に発表した、中止の県

対応についてはバラつきがありましたが、連盟が全国大会中止を発表する前から中止にした県は以下です。

・静岡県

・福井県

・中部大会

全国大会中止を受けて、中止にした都道府県も

 

連盟の発表後に都道府県大会の中止を発表した県もあります。

大阪府なんかは5月11日付けでホームページにて

大阪府大会の中止の記載がありました。

 

しかし中には、まだ方針を発表していない都道府県もあります。

おそらく、吹奏楽連盟としては、そのへんの判断は各都道府県に判断を任せる形なのでしょう。

【追記・5/23】

なんと、大阪は独自で大会をすることになるかもしれません!

【吹奏楽コンクールが実現?!】コロナで中止の甲子園、吹奏楽コンクール開催に吉村知事が動いた!

吹奏楽コンクール 2020年度課題曲はどうなる?

2020年度の吹奏楽コンクール課題曲については、このように記載がありました。

なお、コンクール課題曲については、2020 年度の作品を来年度の課題曲といたします。

吹奏楽連盟HP

ということで、課題曲は2021年度に引き継がれます。

2020年度課題曲に選ばれた作曲者の方々は、とても気にされていたと思います。

せっかく当選したのに、演奏されないまま終わってしまうと悲しいですからね…。

でも、同時に2021年度こそ!と思って曲を作っていた方にとっては悔しい結果となりましたね。

また2022年度に向けて、素敵な曲を作ってほしいなと個人的に思います。

まとめ

今回のコロナの関係で、吹奏楽コンクールの開催可否はどうやら

連盟ではなく、各都道府県の判断に任せる形になったそう。

全国への道はなくても、せめてできるのであれば支部大会くらいまでできると良いのですが…。

また、情報が入り次第更新します。

関連記事もぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です